服部和三郎『イタリアボリボリ庭園』リトグラフ【A243】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!-その他

商品の詳細
作家名服部和三郎
作品名イタリアボリボリ庭園
技法リトグラフ
外寸ヨコ410xタテ530 (mm)
絵寸ヨコ275xタテ375 (mm)
エディション40/65
良好 限定65部 新品額 作家サインあり
■状態 良好

■E.D.40/65

■ 服部和三郎
1930年 兵庫県淡路島洲本市に生まれる。生家は質店を営む。
父・隆久も画家で一度に三作品が二科展入選し、佐藤春夫に賞賛される。
趣味人の父の影響で画業を志す。大阪・信濃橋研究所に通う。
1947年 京都市立身術専門学校油絵科入学 (現 京都芸大)
1948年 大阪市立美術館付設美術研究所に入る。
1950年 東京目白に移転。
内田巌、竹谷富士雄 (藤田嗣治の唯一の直弟子)に師事する。
1953年 17回新制作協会展 (小磯良平が発起) に初入選 (三つの卵、他一点)
1955年 19回新制作協会展 新作家賞受賞 (屋上の母子、木馬、靴みがき)
1963年 27回新制作協会展 新制作協会賞受賞 (浜辺の女、母と子、母子像)
1964年~ 28回新制作協会展 会員に推挙(考える男、横たわる女) 以降毎年出品。
1971年 フランス、スペインを旅する。
1973年 サンデー毎日美術館に掲載。
「グランドショメールのモデル達」 「朝・昼・夜」
1978年 フィレンツェ、ローマを旅する。
1982年 日本画廊協会賞展 奨励賞受賞
1997年 東京国際美術館にて 「服部和三郎自選展」
2003年2月 アトスペース・サンカイビにて個展
その他個展: 東京、大阪、淡路島など50回以上開催。
現新制作協会会員 (最古参会員)
松岡美術館 他多数所蔵

他の服部和三郎◆作品を検索
。 。

服部和三郎『イタリアボリボリ庭園』リトグラフ【A243】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!-その他

額縁eカスタムセット標準仕様 18-6518 作品厚約1mm~約3mm、黒・金色の模様があるポスターフレーム (B1)

詳しい情報はこちら

服部和三郎『イタリアボリボリ庭園』リトグラフ【A243】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!-その他

服部和三郎『イタリアボリボリ庭園』リトグラフ【A243】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!-その他

Location Trendsは、位置情報ビッグデータを分析し、人の流れを可視化することにより、
観光者の動きや商圏の把握のための知見・示唆をご提供するレポーティングサービスです。

「Location Trends」について詳しく

服部和三郎『イタリアボリボリ庭園』リトグラフ【A243】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!-その他

店舗エリアへの来訪者の情報を、さまざまな目線から分析。
商圏分析についてのお問い合わせはこちらから。