〈大珍品〉トリケラトプス 頭部(眼球周り)の化石恐竜 化石 Triceratops-化石

商品紹介 トリケラトプスの頭部眼球周りの化石となります。眼の部分のエッジが綺麗に残っており、保存状態も良い大変貴重な化石です。
このように部位がハッキリと判る箇所は通常は頭部全体の復元パーツとして活用される事が多く、こういった単独パーツで入手できることは極めて稀です。
トリケラトプスはとても人気の高い恐竜ですが、発掘数が少なく入手困難な恐竜の一つとなります。探しても簡単に出て来る品ではございません、貴重な逸品を是非ともお手元のコレクションに加えてみては如何でしょうか。

■トリケラトプス(Triceratops)
生息年代:中生代白亜紀後期(約7,900万~6,500万年前)
分類:角竜類ケラトプス科
体長:約8~9m
体重:約6~9トン
生息地域:北アメリカ
トリケラトプスとは「tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」から「3本の角を持つ顔」を意味しています。また後頭部から首の上にまで伸びたフリルも特徴のひとつ。口先は鳥のくちばしのように尖っており、草や木の葉を掴み取って食べていたと考えられる大型の草食恐竜で、教科書にも映画ジュラシックパークにも登場するため馴染み深く高い知名度と人気を持っています。
トリケラトプス歯(歯根付)の化石はコチラ
トリケラトプス肋骨(あばら骨)の化石はコチラ
トリケラトプス尻尾(テール)の化石はコチラ
サイズ 大きさ:約150mm×120mm×45mm
重さ:約356g
産地:アメリカ合衆国ワイオミング州、ランスクリーク累層
ご注意 意味や効果には諸説がありその内容を保障するものではございません。パソコン、モニターの環境によって若干色合いなどが変わることがございます。商品は天然ゆえ、わずかな凹みや歪み、内包物が入る物もございます。多少のイメージの違いに関しての返品は受付が出来かねますのでご了承ください。
その他
恐竜の化石はコチラ
アンモナイトの化石はコチラ
三葉虫の化石はコチラ
化石全般はコチラ
。 。

〈大珍品〉トリケラトプス 頭部(眼球周り)の化石恐竜 化石 Triceratops-化石

アウグスト・マッケ トルコ風カフェI P30サイズ P30号 910x653mm ※個人宛配送・代引不可※絵画 インテリア 額入り 壁掛け 油絵 アウグスト・マッケ

詳しい情報はこちら

〈大珍品〉トリケラトプス 頭部(眼球周り)の化石恐竜 化石 Triceratops-化石

〈大珍品〉トリケラトプス 頭部(眼球周り)の化石恐竜 化石 Triceratops-化石

Location Trendsは、位置情報ビッグデータを分析し、人の流れを可視化することにより、
観光者の動きや商圏の把握のための知見・示唆をご提供するレポーティングサービスです。

「Location Trends」について詳しく

〈大珍品〉トリケラトプス 頭部(眼球周り)の化石恐竜 化石 Triceratops-化石

店舗エリアへの来訪者の情報を、さまざまな目線から分析。
商圏分析についてのお問い合わせはこちらから。